パルミチン酸レチノール化粧品おすすめ人気ランキング最新版

 

レチノールという成分は、結構刺激が強いということを皆さんは知っていたでしょうか?

 

私はそのことを最近知りました。
あるサイトで、副作用の写真を見て、びっくりしました。

 

赤くただれてしまっているのです。
それを見て、怖いなと思いました。

 

でも、私もレチノール配合のコスメを使っているので、このまま使い続けて大丈夫なのか・・ととても心配になりました。

 

最近市販の化粧品でも、いろいろなトラブルが起きているのでやっぱり顔に使うものだし、きちんとしておかないと不安だと思ったので
問い合わせをしてみました。

 

モイストリフトプリュスセラムのお問い合わせ先にそれぞれ聞いてみました。

 

使われているレチノールは、刺激はないのでしょうか?トラブルの報告はないのでしょうか?というような内容で
問い合わせしました。

 

回答には、化粧品に使用できるとされているレチノールは医療用で使う事ができるレチノールよりも濃度が低いものしか使えないので、トラブルの報告はないという
ことでした。

 

ただ、人によって肌に合わないということもありえるので、心配な人はパッチテストをしてくださいとのこと。

 

それであれば、もう使っているから特に問題はなさそうです。ホッと一安心です。

 

化粧品に配合されているのは「パルミチン酸レチノール」というものがほとんどみたいです。
これは、トレチノインという医療グレードのものよりも肌に優しいみたいなので、敏感肌の人も使えるとされていました。

 

だから私も使えているんだ・・と思いました。

 

おそらくネットで公開されていた写真は、皮膚科とかで処方された濃度の高いものか、個人的に輸入して購入するトレチノインを
使用した結果の副作用なのだろうと思います。

 

病院で購入する場合は、使い方とかを先生が教えてくれますし気をつけることとかいろいろ注意も受けられるのでそれはそれで
いいと思います。

 

ただ、通院してまで購入しないけど、レチノインが入っているコスメを使いたいという人は、パルミチン酸レチノール配合のモイストリフトプリュスセラムを使われてみても良いかと思います。

 

パルミチン酸レチノール化粧品おすすめ人気ランキング最新版

24時間たるませない!モイストリフトプリュスセラム

Kirenavi 月間売上第1位を記録したモイストリフトプリュスセラムは年齢肌に支持されてる美容液です。目元のたるみやほうれい線を改善し、リフトアップさせます!、
広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発をした美容液で即効成分、パルミチン酸レチノール、DMAE、@リポ酸などを高濃度に配合しており、肌につけた10分後には効果を実感できます!
肌の表面だけでなく奥の筋肉まで作用するため、胸・お尻のたるみまで引き上げることが可能です。
とにかく使って頂くと実感できるスキンケアです!
・送料無料
・初回30%オフ 定期便で7560円
・サンシールドスプレープレゼント【定期購入限定】

浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

エイジングケア(本製品2) ビーグレンは、国際特許を取得した医療レベルの浸透テクノロジーを使用したサイエンスコスメです。

アンチエイジング効果のある成分を、肌トラブルのある箇所まで確実に届けるため、効果を実感することができます。
シワのケアには、世界中の研究者によってアンチエイジング効果が認められている【レチノール】を配合しており、若々しい肌に重要な、コラーゲンやエラスチンを増強する線維芽細胞を活性化します。
深く刻まれてしまったシワに悩む方にもおすすめです。
トライアルセット:1,800円(税別・送料無料) 365日返金保証あり

トワエッセ モアヴェールエッセンス

トワエッセ モアベールエッセンス

モアベールは無添加”“無香料”“無鉱物油”“パラベンフリー”で作られてるから敏感肌でも安心して使えます。
シワ・たるみにお悩みの30〜50代の女性に支持されていて@コスメでも大人気!コラーゲンやレチノール,ペプチド、パルチミン酸レチノールなどしわたるみにいい成分が8種類入っています
驚くほどハリが出てくるのでしわやほうれい線は目立たなくなりますよ♪
乾燥肌やツヤハリを出したい方にもおすすめです
初回は半額の5696円でなんともう1本ついてきます!
『30日間全額返品保証』『全国どこでも送料無料』

 

 

 

レチノールクリーム副作用

低刺激で高浸透のパルミチン酸レチノール!を選ぶことが重要!

 

レチノールを配合している化粧品が注目されています。

 

レチノールという成分は、お肌の老化を防止するのにとっても
有効とされている成分です。

 

くすみをなくしたり、シミをできにくくしたり、にきびを防ぐことも
できます。
しわの改善にも役立ちます。

 

そんなレチノールですが、効果が高いだけに副作用もいくつか
報告されているのが現状のようです。

 

レチノールは刺激が強いので、肌が敏感な人はかぶれを引き起こしたり
赤みがでたりなど、肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いと
されています。

 

良い成分でも、副作用があると聞くと使うのをためらいますよね。

 

でも安心してください。
敏感肌でも使えるレチノールクリームがあるのです。

 

それが「パルミチン酸レチノール」です。

 

どうして、「パルミチン酸レチノールが低刺激なのか・・? 

 

詳しいことは分からなかったのですが、レチノールは「トレチノイン酸
(レチノイン酸)」というのが医療レベルのもので、
それより少し効果の低いものが「パルミチン酸レチノール」
みたいです。

 

医療用は化粧品には使う事ができないので、「パルミチン酸
レチノール」を使っているのですね。

 

効果は低くなったとしても安全に使えるのであれば
継続できますから、効果も期待できますよね。

 

その効果を発揮する成分が、「パルミチン酸レチノール」
なんですね。

 

小じわってあなどれません。放っておくとシワが深く
なる可能性もありますから、早め早めの対処が重要ですよね。
しわたるみに効く人気おすすめ化粧品美容液ランキング最新版はここから